Engineer Lifeに関する記事一覧


Engineer Life

多忙な開発業務の中でも、できるだけ将来の「仕込み」をすることが大事であることを理解し、将来的に自分のまわりの仕事を楽にできるきっかけをつかみましょう。

Engineer Life

自分の仕事を他者へ作業依頼後、作業を依頼する側としては、何に気をつければよいでしょうか。本記事を読むことで、いざその状況になったとき、自分(筆者)のような、依頼先に不信感をもたれることなく、理想のアウトプットを受け取るきっかけをつかむことができます。

Engineer Life

基本情報処理試験の受験を検討している方へ。 学校でも会社でも、「新人ならまずは基本情報を合格しろ」というけど、受けたほうがいいのかな?価値があるのかなって思うかもですが、受けたほうがよいですよ。そして、合格することで、その知識を仕事に活かしましょう。

Engineer Life

開発日程が迫っているが、仕様待ちをしているエンジニアの方へ。要求仕様、詳細設計書、テスト仕様など、それがないとまともに作業できないことって多々あるが、それでもやれることは何かしらあるはず。なので、それらを確実にやりつつ、きたるべき時に備えましょう。

Engineer Life

外注管理を担当することになった方へ。本記事を読み、外注管理とは、実際の作業発生前、即ち計画時点が非常に重要であることを理解することで、契約前、及び契約後にじぶんが何をどうしたらよいかがわかるようになり、外注管理理解のきっかけをつかむことができます。

Engineer Life

新しいツールを導入の際、ユーザにとって、導入によりやり方が変わるのには抵抗があることを理解しましょう。その上で、いきなりすべてを刷新するのでなく、まずは新しいやり方のメリットを定義し、段階を踏んで新しいやり方に移行しましょう。

Engineer Life

エンジニアを目指しているが、ブランドタッチができない方へ。エンジニアにとって、ブラインドタッチはできなくてもよいが、正直だれでも身に着けられるものなので、タイピングの練習はしたほうがよいです。それにより、仕事の効率が格段に上がります。

Engineer Life

仕事で開発をしていて、納期が間に合わないってよくありますよね。その際、まずは間に合わないことがわかった時点でその旨を上司や顧客に伝えるべきです。そして、そこからどうすれば終わるかや、納期の再交渉に入るとよいです。納期の再交渉の仕方は3つあります。

Engineer Life

エンジニアとコミュんケーションをとるのが苦手な方へ。エンジニアは、コミュニケーションを苦手とする人が多いのは事実。そんな中でも、仕事でエンジニアとコミュニケーションをとる際はどうするか。対面するエンジニアのコミュニケーションの性格に応じて、どうコミュニケーションをとっていったらよいかを解説します。

Engineer Life

担当からリーダーになると、マネージメントが増えるから、管理する立場になりたくないのはよくわかります。ただ、マネージメントのノウハウが身に着くし、プロジェクトの規模によってはプレイングマネージャも可能。なので、一度マネージメントを経験した上で、そのままリーダーをやるか、担当になるかを決めればよいです。