2019年J1リーグ第34節 名古屋グランパス対鹿島アントラーズ

サッカー


2019シーズン最終節の相手は大岩率いる鹿島アントラーズ

今季最終戦の相手は強豪鹿島でした。

 

大岩が監督していますね。もはや元名古屋というよりは、元鹿島ってイメージが強いのかな世間は。

 

さて、メンバーですが、こんな感じでした。

スタメンにはネットではなく、シミッチが入りました。

前節ネットがわりとブレーキになってたように見えたので、それが原因かな。

 

ベンチには伊藤、成瀬、そして前節出場した深堀が。

将来を期待できる若手が揃っていましたね。

 

さて、試合のほうですが、

 

 

シミッチ!

久々にスタメン出場したシミッチでしたが、この日の動きはここ最近の中で一番よかったのではないでしょうか!

それはまるで、開幕から数試合のあの最強の頃みたいでした。

 

DFラインからボールをもらい、しっかりとパスを散らす、時にはオープンスペースまで運んでから縦パスするなど、ボランチらしい動きをきっちりできているように見えました!

 

確か一時期センターバックをやり始めたくらいから調子を落とし続けていたので、最後の最後に元気な姿が見られてよかったなと。

 

ボール支配率高めだったが・・・

マッシモになってからこんなに支配率高かったのは初めてだったのでは、ってくらいパスつないでましたね。

 

でも、結局は得点できず。

 

てか、まさかこれは持たされていたのかな。

 

また、鹿島のプレスが早かったせいもあり、有効なパス回しがそれほどできなかったようにも見えました。

 

風間時代にあれだけパスやってたんだからもっと自信もってやってもよかったと思うんですけど。

 

もしかしたら自分だけかもですが、鹿島のプレスにちょっとびびっているように見えたのが残念でした。

 

タメが作れなかった

上記の通り、パスの回数は多かったものの、有効なパスが少なかったのは、タメが作れなかったのが原因なのかなと思いました。

 

鹿島のプレス早かったこともあり、プレスきたらすぐにボールをはたく。

別にこれ自体はいいのですが、ずっとこれだけだとどうしても前線の選手の動きに合わせてパスが出せないので、そういう意味でもサイドでもう少しタメが作れたらよかったのかなーと。

 

最後に

オウンゴールにより結果として0-1で負けたのは残念でしたが、この試合、ボールロスが少なくなかったですか??

 

スローインとか、変なファウルの時間稼ぎとか、そういうのが少なかったせいか、試合中はずーっとボールが動いているように見えたので、それはそれで楽しくみることができました。

 

さて、これにて今季試合は終了。

結局マッシモの”らしさ”がよくわからないまま終わってしまいましたが、来年はだれが監督になるのかな。

 

また、出ていく選手、入ってくる選手も気になるところ。

とりあえず来年にも期待!