会社の飲み会を楽しく過ごすには?【座る位置と割り切り感が大事】

WORK Working

嫌々会社の飲み会に行かないといけない方:
本当はいきたくないんだけど、会社の飲み会に参加しないといけない。
少しでも楽しく過ごすにはどうしたらいいのかな?

今回はこのような悩みについて解決致します。

これを書いた自分はこんな人です学卒後、組み込みソフトウェアエンジニア職に従事。エンジニアなので、オトコ中心の飲み会ばかりだが、期末、忘年会、歓送迎会など、これまで数多くの会社の飲み会に参加。

本記事を読む利点会社の飲み会を、少しでも苦にならず、楽しめる方法がわかることで、強制参加の飲み会でも微かな望みを以って飲み会に参加することができます笑

会社の飲み会を楽しく過ごすには?【座る位置と割り切り感が大事】

期末の飲み会とか歓送迎会とか、数か月ごとに会社の飲み会ってありますよね。

その際、皆さんどの位置に座りますか?

不特定多数の人数で飲み会をする場合、たまたま座った席が誰も知らない人だったり、あまり口を開かないメンバーのテーブルに座ってしまったがために、飲み会自体がつまらなかったと言う経験は無いでしょうか?

では、どうすれば会社の飲み会を少しでも楽しく過ごせるか。
それは、座る位置と割り切り感が大事です。

なぜなら、言うまでもなく、飲み会って要は会話が弾むと楽しいが、それはまわりにいる人、つまりは座る位置にある程度依存するからです。

また、万が一変な席に座ってしまっても、割り切ってその中の会話に入ることで、意外に楽しかったりするからです。

いつ座るべきか?

飲み会の会場につき、受付でお金を払って、さあ宴会会場へ。

そこですぐに座りますか?

まぁテーブルがいくつかあったり、座敷の時はそれでもいいかもしれません。

なぜなら、そのような会場の場合、乾杯後も席の移動が簡単にできるからです。

ただ、長テーブルの場合はどうでしょうか?あまり席の人ができないので、最初の座る位置でその飲み会自体が楽しいか楽しくないかが決まると言っても過言ではないかと思います。

なので、お金を払ったととりあえずすぐに座ることはしないようにしましょう。

まず会場の様子を見て、一緒に座って食べそうな人がいたらそこに座る、そういう人がいないならそういう人が来るまで少し待つ、と言うのも作戦ではないでしょうか。

敢えて開始ギリギリに行くというのも手

1番最後に会場行く場合、もちろん席は余った席になってしまいますが、余り物に福があることがあります。

それは女の子がいる席!!

大体みんな、会社と飲み会って女の子が座るところって、気を遣っていくつか席をあけて次の人が座ることが多いのではないでしょうか?

でも、最後になると席がきつきつになってくるので、そういう席しか空いてません。

なので自然と女の子の席に座ることができてしまいます笑。

ちょっとウブな中学生のような意見ですが、わりといけますコレ

もしつまらない席になってしまったら

これも仕方ない。割り切りが大事かと。

自分の場合は、とにかく自分から話題を振るようにしています。

なんていうか、自分がラジオのDJになったような気分でいくといいのかなと。

ラジオって、5秒間沈黙が続くと電波障害になると言う噂を昔聞いたことがあります。

本当かどうかしりませんが。

これがずっと心にあるので、とにかく5秒以上沈黙しないようにしています。

また、思い切って自分から会話することで、相手はいざしゃべったらたくさん話せる人だったと言う人もいるし、こういう時にあまり仕事で関わらない人や、他部署の人と仲良くなるチャンスなので、そういう意味でも、気分を割り切って、話題を振ってがんばるとよいのではないでしょうか。

あえて上司がいる席に座る

飲み会の時こそ、上司など上層部の人と仲良くなれるチャンスでもあります。

上司って業務だと怖い人もいるし、何より職場では仕事以外で関わるなんて至難の業ですもんね。

なので、飲みの場を利用して敢えて上司の近くに座り、顔と名前を覚えてもらうと、その後の自分の評価もガラッと違うのではないでしょうか。

上司も、知ってる人と知らない人でどっちかに良い評価をつけようとするなら、間違いなく知っている方に良い評価をつけるからです。

帰るのは最終手段で

  • まわりの人がつまらない
  • こちらから話題をふっても相手の反応が悪い
  • あまり相手にされない
  • そもそも親しい人がきていない

このような場合は、自分ががんばってもだめな場合は、思い切って途中で帰ってしまいましょう。

努力した結果なら仕方ないので。

お金が勿体ないとかあるかもですが、5000円程度だし、仮にも少しは飲み食いできているはずなので、そこは割り切って途中帰宅し、別のことに時間を使うようにしましょう。

最後に

ということで、今回は会社の飲み会の座り方や振る舞いについて記事にしてみました。

自分の身の回りの事はありのままに変えてみたので、皆さんも共感していただける違うのではないでしょうか。

とりあえず、最初はすぐに席に座らずじっと様子を見て、万が一最悪の席になったら、それはそれでもう割り切って、自分が会話を作る、と言う姿勢でいくと良いのではないかと思います。