プログラミングスクール多すぎ!選び方は!?【4つの指標で選ぼう】

CODE School

プログラミングスクールでの学習を検討している方
・プログラミングスクールがたくさんありすぎて、どれをどう選んだらいいかわからないから、選び方をしりたいなぁ。
実際にプログラミングスクールにいった経験のある人から意見を聞きたい。

今回はこの疑問に解説していきます。
これを書いた自分はこんな人です文系新卒でエンジニアとなり、現役の組み込みエンジニア(C言語)。仕事と違うWeb系プログラミングに興味をもち、過去に読者と同じように、プログラミングスクールへいくか悩んだ末、テックアカデミーを受講した経験あり。

プログラミングスクールは4つの指標で選びましょう

結論を先にいいますと、以下の指標でプログラミングスクールは選びましょう。

  1. 期間:受講期間がじぶんのライフスタイルにあうか
  2. 料金:値段に見合ったサービス内容か
  3. 場所:じぶんの好みはオンライン/オフラインか
  4. 言語:目的にあった言語を学習できるか

順に解説していきます。

期間:受講期間がじぶんのライフスタイルにあうか

スクールからの「〇〇コースがおすすめです」に安易に頼ることで、ライフスタイルに合わない学習を続け、結局目的を達成できない方がいるので、受講期間とじぶんのライフスタイルをきちんと突き合わせたうえでの受講期間設定が必要です。失敗例としては、

  • 社会人なのに1か月集中コースに入る:1日5時間の学習が必要なのでキビシイ
  • 1年コースに入る:学習期間が長くてダレる上、季節ごとの予定に対応できない

など。なので、1か月~半年や1年と、スクールによりその期間はまちまちですが、じぶんのライフスタイルに合わせて期間を決めましょう。

  • 来月は仕事が忙しいから1か月コースにしよう
  • 2か月後は長期出張が入るから2か月コースにしよう
  • 仕事は暇だし、半年以内に稼げるようになりたいから半年コースにしよう

など。

到達目標やライフスタイルにもよりますが、スクール期間は2、3か月にしておいて、その後は独学によるアウトプットを続けるのがオススメです。なんやかんや、スクールの課題だけやり続けてもうまく成長しないので。

料金:値段に見合ったサービス内容か

よくこんなうたい文句を見ますよね。

  • 業界最安値、〇万円
  • 同じコースでも他社比較で〇万お得

こういう宣伝だけをうのみにしてしまってはだめです。なぜなら、

  • 安いけど教材が悪い・・・
  • 他社より安い分、質問できる時間が少ない

など、けっきょくは学習の目的を達成できないという、本末転倒が起こってしまうからです。なので、

その学習期間でどのような知識、技術が身につくのか

例:HTML,CSS,Rubyはどこのスクールでも身につくが、それに加え、実務を想定し、GitHubなど、ソースコードの管理方法まで学べる

他社比較で値段がたかい理由は何か

例1:他社ではメンターが大学生だが、現役エンジニアやフリーランスの方のメンタリングが受けられる
例2:受講期間終了してもテキストの閲覧が可能。就職支援もあり

このように、単に〇万円などの数字のみにとらわれず、その値段に対するサービス内容を確認し、値段とサービスをセットで考えましょう。

自分はスピーディに質問ができるサービスを求めていたので、他に安いスクールはありましたが、テックアカデミーを受講しました。

場所:じぶんの好みはオンライン/オフラインか

よくこんなうたい文句を見ますよね。

  • 駅から徒歩〇分なので通うのに便利!
  • 自宅からでなくても、家でそのまま学習可能!

こういう宣伝だけをうのみにしてしまってはだめです。なぜなら、

  • 自宅からでるのがめんどくさい性格なのに、オフライン学習を選んでしまった
  • ひとりで集中力が続かない正確なのに、オンライン学習を選んでしまった

など、けっきょくは学習の目的を達成できないという、本末転倒が起こってしまうからです。

また、最近ですと、コロナのような流行病が原因で、そもそもスクールに通えなくなった、という例もあります。なので、じぶんの性格や好みの合わせて、オンライン/オフライン学習かを決めましょう。

どちらでもよいのなら、オンライン学習をおすすめします。家からでなくて楽だし、いつでも学習できるし。仲間がいないと寂しい方は、SNS等で同じ学習をしている方を探せばよいですし。

言語:目的に見合った言語が学習できるか

就職したい、フリーランスを目指したいなど、学習の目的は人それぞれで異なりますが、プログラミングはその目的に合わせて言語選択する必要があります。そうしないと、せっかく学習したのに、

学習した内容をうまく使えなかった

と、いうことが発生してしまうからです。

なので、例えばですが、

  • 副業で稼ぎたい:フロントエンド用言語(HTML,CSS,JavaScript/jQuery)を学ぶ就職したい:バックエンド用言語(Ruby)を学ぶ

こんな感じで言語選択しましょう。尚、どんな言語がどのような用途で使われるかがイマイチよくわからない方は、こちらの記事をどうぞ。
>>【初心者に告ぐ】勉強するプログラミング言語はこう見つけよう  

自分もこの言語選択を誤り、スクールで学習した内容(Ruby on rails)が活かせませんでした。副業を目的に学習したので、Rubyでなく、PHPを学ぶべきと後からわかりました。RubyとPHPでは案件の数が違いすぎるので。

最後に

と、いうことで、今回はプログラミングスクールでの学習を検討している方の

  • プログラミングスクールがたくさんありすぎて、どれをどう選んだらいいかわからないなぁ
  • プログラミングスクール選びで失敗する方が多いので、自分はそうなりたくないなぁ

こんな疑問に対し、4つの指標で選べばよいことを解説いたしました。まとめると以下です。

  1. 期間:受講期間がじぶんのライフスタイルにあうか
  2. 料金:値段に見合ったサービス内容か
  3. 場所:じぶんの好みはオンライン/オフラインか
  4. 言語:目的にあった言語を学習できるか

これらの指標により、自分に見合ったスクール選択をしましょう。

なお、じぶんは数あるスクールの中から、テックアカデミーを選択しました。それについては以下で解説しています。
>>【赤裸々にぶっちゃけます】テックアカデミーの感想、評判

人気記事 プログラミングスクール多すぎ!どう選ぶの?【4つの指標で選ぼう】

人気記事 【テレワークで太った!】運動不足を解消しないと!【対策あり】