ki-ki-blog Written by ⚽kaz±

【話題沸騰中】テックアカデミーPHP/Laravelコースは就職可能

CODE School

「テックアカデミーでPHPを学習したら就職できるレベルのスキルがつくのだろうか?」

「テックアカデミーのPHPコースに興味があるけど、本当にやっていけるか不安だし難しそう。ぶっちゃけどんな感じ?」

と思うことはありませんか?

TechAcademy(テックアカデミー)でPHPを学んで就職しようとしても、本当に就職できるのかや、TechAcademy(テックアカデミー)で学習して大丈夫なのかで迷ってしまいますよね。

では、TechAcademy(テックアカデミー)でPHPを学べば就職できる理由や、TechAcademy(テックアカデミー)でPHPを学ぶメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

そこで今回は、

  • テックアカデミーでPHPを学べば就職できる理由
  • テックアカデミーのPHP/Laravelコースを学ぶメリット
  • テックアカデミーでPHP/Laravelコースを学ぶ際の注意事項

について詳しく解説します。

この記事を見れば、TechAcademy(テックアカデミー)でPHPを学べば就職できることがわかるため、TechAcademy(テックアカデミー)を受講するか否かを判断するきっかけをつかめます。

ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

これを書いた自分はこんな人です文系新卒でエンジニアとなり、現役の組み込みエンジニア(C言語)。

仕事と違うWeb系プログラミングに興味をもち、過去に読者と同じように、プログラミングスクールへいくか悩んだ末、TechAcademy(テックアカデミー)を受講した経験あり。

テックアカデミーのPHP/Laravelコースで就職できる理由6つ

結論を先にいいますと、TechAcademy(テックアカデミー)でPHPを学べば就職できるスキルは身に付きます。

そういえる理由は下記6つです。

  1. ポートフォリオで実力を示すことができるから
  2. わりとスパルタなカリキュラムで実力がつくから
  3. 爆速で力が身につくから
  4. わからないことをプロのメンターに質問可能だから
  5. PHPの求人は比較的多いから
  6. Webサイトの制作案件はわりと稼げるから

このように、プロのメンターに相談しながらポートフォリオを作れるし、Web制作案件は多いため実戦の経験も就職前に経験可能だからです。

また、下記のとおり、巷でもTechAcademy(テックアカデミー)でPHPを学習することで就職できた例はあります。

以降で詳細も解説していきます。

1.ポートフォリオで実力を示すことができるから

プログラマーやエンジニア職に就きたい場合、IT関連知識はもちろん、じぶんがこれまでに作った作品を求められることが多いです。

そのへん、TechAcademy(テックアカデミー)は、

  • カリキュラムでオリジナル作成を作れる
  • ほかの初学者と違い、メンターに疑問点を聞きながら作品制作できるため、 ひとりでやるときに比べ、短時間で作品を作れるし、カリキュラム外の知識も身につけて作品を作れる

このように、カリキュラムでオリジナル作品を、メンターの力を借りながら作れちゃいます。

なので、それがそのまま就活につかえちゃうので、TechAcademy(テックアカデミー)でPHPを学習すれば就職できるといえるのです。

2.わりとスパルタなカリキュラムで実力がつくから

TechAcademy(テックアカデミー)は初心者でも学習が可能なサービスであるものの、ややスパルタ気味なカリキュラムです。

たとえば、PHP/Laravelコースなら以下のアプリを作成していきます。

  • 掲示板:大体初心者が作るのはこのレベル
  • ツイッターみたいなアプリ:これは難しい
  • ECサイト:ここまで作るのはほかのスクールではあまりない

このように、わりと中級に近いレベルのアプリを作るため、カリキュラムは決して優しくはないのです。

3.爆速で力が身につくから

TechAcademy(テックアカデミー)で学習すると、独学と比べて爆速でスキルを獲得できちゃいます。

というのも、

  • スクールには受講期限があるから
  • それなりにお金を払って受講するから
  • 学習しないとメンターと話しにくくなるから

こんな感じで、せっかくお金払ってスクールを利用するわけだし、利用にも期限があるから、否が応でも学習が進みます。

なので、スクール利用することでスキルを爆速で習得できちゃうのです。

もちろん、「オレは根性あるんだぜ!」って方は、スクール利用しなくても独学でできちゃうかもです。
とはいえ、そのような人のほうが少ないので、スクールを利用するほうがやはり無難なのかなと。

4.わからないことをプロのメンターに質問可能だから

これ、ほんと大事です。

というのも、プログラミングって、

  • なんかエラーが出るんですけど
  • コードを実行してもなぜかうまく動かないんですけど
  • テキストとおりにコード書いたはずなのに動作しないんですけど
  • ◯◯をやるにはどういう技術使えばいいの??
  • これ、もっとラクにできるツールとかないのかなぁ

こんな感じで、プログラミングってやりながらありとあらゆる疑問、不明点、難所が出てきます。

それらを自分だけで立ち向かうのはもちろんありですが、だれかに聞けちゃう環境のほうがよいですよね。

ドラクエでいうなら、勇者(自分)だけで冒険するより、仲間(メンターさん)がいたほうがよいって感じです。

5.PHPの求人は比較的多いから

下記は2021年2月において、175,922件と膨大なフリーランス案件・求人数を紹介している検索エンジン「フリーランススタート」のプログラミング言語別の人気ランキングです。

プログラミング言語求人数月額単価
1位:Java23,777件50~70万円
2位:PHP12,022件55~75万円
3位:JavaScript6,021件55~75万円
4位:C#4,541件50~70万円
5位:VB.NET4,135件45~65万円

このように、PHPはjavaに次ぐ第2位の人気となっております。

あと、自分がみた感じのPHP市場は、下記のとおり良好です。

  • 東京でJavaとPHP以外で未経験の求人をあまり見ない
  • 求人が多いのは、転職しやすいといえる
  • なのでPHPの学習が実際の成果(就職)に活きる

なので、TechAcademy(テックアカデミー)でPHPを学べば就職できるといえるのかなと。

6.Webサイトの制作案件はわりと稼げるから

PHPを学習するとWebサイトを作るスキルが身に付きます。

そして、このWebサイトの開発案件ってわりと多いんですよね。

たとえば以下です。

こんな感じで、Webサイト作成案件は主にWordPressをつかった案件が多く、コンスタントにいけば月に50〜60万くらいは稼ぐことも可能です。

もちろん、最初は下記の状況です。

  • 最初から稼げるわけではない
  • 最初は月に1,2件の受注が限界
  • 単価もまちまち

なので、TechAcademy(テックアカデミー)で学習=即稼げるわけではないですが、それでもWebサイト案件は多いのです。

テックアカデミーのPHP/Laravelコースとは

TechAcademy(テックアカデミー)のPHP/Laravelコースの概要と、おすすめの人や学習の進め方について、下記の5つで解説していきます。

  1. コースの概要:言語基礎とアプリ作成が中心
  2. おすすめの学習期間:8週プランがベスト
  3. おすすめの人:自由な働き方をしたい人
  4. 良かった点:開発以外のことも学べること
  5. 難しかった点:とにかく難しいこと

このように、学習はまずは基礎を固めた後に実際のアプリを作っていく流れで、これを8週プランで学習していくのが理想です。

以降で内容を深堀りしていきます。

1.コースの概要:言語基礎とアプリ作成が中心

学習する内容は以下です。

  • PHP/Laravel
  • HTML/CSS
  • SQL
  • Bootstrap
  • Git/GitHub
  • Heroku

そして、実際に作るWebアプリは以下となります。

  • メッセージボード
  • Twitterクローン
  • オリジナルサービス

こんな感じで、HTMLやPHPの学習をとおしてWebアプリを作るのはもちろん、それ以外にもコード管理(GitHub)やアプリ公開(Heroku)のことまで学べてしまいます。

さらにさらに、学習の集大成として、自分のオリジナルサービスを作るところまでサポートされています。

学習はテキストとおりやるのでまだなんとかなりますが、実際に自分でサービスを作ってみるのってわりとシンドイので、そこがサポートされているのはかなりメリットなのかなと。

2.おすすめの学習期間:8週プランがベスト

「お金をあまりかけたくないのでとりあえず4週間プランにしよう」

と、思いがちですが、かなり危険です。

というのも、毎日4時間くらいの学習が必要なので、特に社会人にはキツいから。

下記は、自分が無料体験をしたときにメンターさんから聞いたことですが、

  • 4週間コースを完了したのは今まで一人しかみたことがない
  • しかもその子はバイトもなにもしていない大学生
  • 夏休みを利用してい学習していた
  • なので基本4週コースはおすすめできない

とのことでした。

どうでしょう、この事実。

なので、最低でも8週間コースを受講したほうが間違いないです。

なお、学習期間について悩む方はこちらもどうぞ。
>>【お悩みの方必見!】テックアカデミーの最適な受講期間と値下げ方法

3.おすすめの人:自由な働き方をしたい人

PHPを学習することで自由な働き方ができるチャンスが生まれる理由は下記です。

  • Webサイト制作案件はわりと在宅案件が多いから
  • Web制作は個人事業主も発注する機会が多く、必ずしもオフィス勤めして作る必要がないから
  • 案件によっては自宅でWeb会議でやりとりしながらの作成が可能だから

こんな感じで、PHPは在宅案件が多いし、Web会議を使えば必ずしもオフィスにいく必要もないことが多いのが現状です。

また、TechAcademy(テックアカデミー)ですと爆速でスキルを身につけられるため、早めに基礎学習のフェーズから「稼ぐ行動」に移れます。

なので、早めの基礎学習完了&案件獲得により、自由な働き方をしたい人にはTechAcademy(テックアカデミー)がうってつけですね。

4.良かった点:開発以外のことも学べること

実践的な開発スキルはもちろん、下記のような開発スキル以外のことも学べちゃいます。

  • GitやGitHubを使ったバージョン管理
  • Bootstrapを使ったWebデザイン
  • Laravelを使ったWebアプリの作り方
  • Herokuを使ったアプリ公開方法

実際の開発現場でも、プログラミングだけをしているわけではないし、作ったアプリやWebサイトは公開してなんぼなので、そこまで学習できるのはうれしいですよね。

5.難しかった点:とにかく難しいこと

TechAcademy(テックアカデミー)は、初心者でも学習が可能なサービスであるものの、ややスパルタ気味なカリキュラムです。

たとえば、PHP/Laravelコースなら以下のアプリを作成していきます。

  • 掲示板:大体初心者が作るのはこのレベル
  • ツイッターみたいなアプリ:これは難しい
  • ECサイト:ここまで作るのはほかのスクールではあまりない

このように、わりと中級に近いレベルのアプリを作るため、カリキュラムは決して優しくはないのです。

テックアカデミーでPHPを学ぶメリット

TechAcademy(テックアカデミー)は働きながらでも受講できるサービスとなっており、以下6点の特徴があります。

  1. 迅速なチャットサポート
  2. サービスはすべてオンライン
  3. プロによるマンツーマンでのメンタリングの実施
  4. 転職サービスが充実
  5. 卒業後もカリキュラムの閲覧が可能

このように、TechAcademy(テックアカデミー)はすべてオンライン完結で、チャットおよびメンタリングによる不明点の確認が特徴的なサービスです。

以降で詳細を解説していきます。

1.迅速なチャットサポート

テキストチャットにて、プロのメンターに質問をすることができるサービスです。

特徴は以下となっています。

  • 15時〜23時まで質問し放題
  • 即回答がくることも多い
  • 1聞いて10の回答をいただけることもある

このように、15時〜23時の間で好きなだけ質問できるチャットサービスです。

カリキュラムを進めているとなにかと疑問点が生まれるため、それを都度確認できるのは時間のない社会人にとってありがたいサービスとなります。

また、23時と遅くまでやっているため、仕事の忙しい社会人でも質問が可能なのが助かりますよね。

自分も受講中は、カリキュラムの内容はもちろん、とくに環境構築に関してよく質問をしていました。

2.サービスはすべてオンライン

TechAcademy(テックアカデミー)のサービスは下記となっていますが、すべてオンラインです。

  • 授業
  • メンタリング
  • 質問
  • カリキュラム

このように、すべてがオンラインなため、いつでもどこでも利用できるのが社会人にとって助かりますよね。

移動中はもちろん、国外からの利用者もいるくらいなので。

自分も受講中は、空き時間でさっとカリキュラムを復習したり、家で集中できないときはカフェで学習するなど、時間と場所を変えて学習していました。

3.プロによるマンツーマンでのメンタリングの実施

メンタリングを実施しているスクールはいくつかありますが、TechAcademy(テックアカデミー)のメンタリングは下記の特徴があります。

  • プロのエンジニアや現役フリーランスがメンタリングしてくれる
  • カリキュラムの内容はもちろん、フリーランス事情など、カリキュラム以外のことも質問できる
  • 1回30分だが、メンターによっては時間を過ぎても話を聞いてくれることがある

このように、プロのエンジニアやフリーランスからカリキュラム内外の話が聞けるため、的外れな回答がこないのが社会人にとって助かりますね。

4.転職サービスが充実

TechAcademy(テックアカデミー)は受講者専用の転職サービスを受けることができます。

特徴は以下です。

  • 未経験者向けの求人もある
  • 受講期間後もサービスを受けることができる
  • サービスは無料

このように、無料かつ受講期間終了後も利用できる転職サービスなので、エンジニアを目指す社会人は嬉しいサービスですよね。

自分は現役のエンジニアなので就職サービスは利用していませんが、たまに興味で求人を見ると、都度情報が更新されていて感心します。

また、転職を専門にしたコースも存在しますので、転職目的で受講を検討しているなら一度見てみるとよきです。
>>未経験からエンジニアを目指すエンジニア転職保証コースの詳細はこちら

5.卒業後もカリキュラムの閲覧が可能

プログラミングスクールは星の数ほどありますが、受講後にカリキュラムがみれなくなっちゃうところもあります。

そのへん、TechAcademy(テックアカデミー)は安心で、なんと受講後も半永久的にカリキュラムも閲覧可能なのです。

それだけじゃなく、

  • カリキュラムは常に更新される
  • 課題のレビュー結果も閲覧できる
  • 実はTechAcademy(テックアカデミー)向けの求人も見れちゃう

このように、受講後もカリキュラムはもちろん、そのほかの情報も閲覧できてしまうのはかなり心強いかなと。

テックアカデミーのPHPコースを受講するデメリット2つ

下記となります。

  1. 自己管理能力がない人には厳しい
  2. はずれなメンターさんにあたる可能性がある

こんな感じで、基本ひとりで学習を進めるため、自己管理能力が求められることや、学習をサポートしてくれるメンターさんが自分と合わないリスクがあり、これらがデメリットとなるのかなと。

とくに、メンターさんと相性が合わない意見はよく聞きます。

以降で内容を深堀りしていきます。

1.自己管理能力がない人には厳しい

TechAcademy(テックアカデミー)は基本ひとりでオンラインテキストを進めていくこととなります。

そのため、自己管理ができないと以下のようになっちゃいます。

  1. テキストが難しいなぁ
  2. ちょっとやる気がなくなってきた
  3. 少し休んでからやろう
  4. ・・・動画でもみるか
  5. もう遅いし今日は寝よう

こんな感じで、計画的に目的をもって学習する意思のない人は挫折すること間違いなしです。

なので、「本当に自己管理できるのか」を自問自答した上でTechAcademy(テックアカデミー)を申し込むようにしましょう。

もちろん、学習の遅れはメンターさんがフォローしてくれますが、それでもやるのは自分なので、自己管理能力が必要となります

2.ハズレなメンターさんにあたる可能性がある

プロのエンジニアやフリーランスの人がメンターになってくれることに魅力を感じ、TechAcademy(テックアカデミー)を受講する人は多いです。

ただ、以下のようなメンターさんにあたってしまう恐れがあるのも事実です。

  • 上から目線
  • わからないから質問してるのに「テキストみて」しかいわない
  • 回答の表現がきつい

こんな感じで、だれがメンターとなるかわからないので、自分に合わないメンターさんにあたってしまう恐れがあります。

とはいえ、チャットサービスでの質問も可能ですし、どうしてもあわないのなら運営に相談することも可能です。

テックアカデミーのPHP/Laravelコースを学習する際の注意事項【4つある】

いくらTechAcademy(テックアカデミー)がいいスクールでも、やみくもに利用するだけでは挫折する可能性が高いです。

というのも、いざ学習をしてみたがうまくいかず、挫折する人が多いことも事実だからです。

そこで、TechAcademy(テックアカデミー)で学習する際の注意点を4点解説いたします。

  1. 完全初心者ならを受講する前に事前学習をしておく
  2. とくに土日はプログラミングにすべてをささげるくらいの気持ちをもつ
  3. エンジニアになりたい理由を明確にしておく
  4. 「テックアカデミー受講 = すぐに稼げる」は甘い

このように、まずはあらかじめ受講前に学習をした上で、プライベートをプログラミングに捧げる覚悟をすることが大事です。

以降で詳細を解説していきます。

1.完全初心者ならテックアカデミーを受講する前に事前学習をしておく

TechAcademy(テックアカデミー)は完全初心者でも大丈夫なサービス内容にはなっています。

事実、初心者でもカリキュラムをきちんと完了できた方もたくさんいるくらいなので。

それでも、やはり受講前に何らかの事前学習はしたほうがよいのかなと。

というのも、

  • なんやかんや、テックアカデミーのカリキュラムはカンタンではないから
  • 少しでも学習しておくと、カリキュラムも頭に入りやすいから
  • もしプログラミングが自分に合わなかった場合、10数万の受講料を出す前にそれに気付けるから

こんな感じで、事前学習したほうがカリキュラム理解が早いし、万が一プログラミングが自分に合わなくても被害がゼロになります。

なので、できればTechAcademy(テックアカデミー)受講前に事前学習をしましょう。

ちなみに、事前学習は

あたりが人気です。

2.とくに土日はプログラミングにすべてをささげるくらいの気持ちをもつ

社会人は仕事もあるため、平日は満足に学習が進まない人も多いのかなと。

なので、いかに休日に学習を進めるのかがポイントになってきます。

具体的には、

  • 休日は最低でも5時間以上は学習する
  • 復習ではなく、先に進めることを優先する
  • 土曜だけでなく、日曜も同じくらい学習する

こんな感じで、土日を使って1日5時間以上学習すれば、わりといい具合にカリキュラムを進めることができます。

なので、社会人は休日をすべてプログラミングにささげ、学習を進めるようにしましょう。

3.エンジニアになりたい理由を明確にしておく

いきなり質問です。

「30代でエンジニアを目指したい理由を明確に説明できますか?」

これが明確でないと、エンジニア転職はたぶん挫折します。

というのも、未経験でのプログラミングの勉強はなんやかんやいってキツイから。

たとえば、

  • テキスト通りにやってるのにうまくいかない
  • エラーが消せない
  • 内容の意味ところか、用語の意味すらわからない

こういうのがわりとザラに発生します。

そんなとき、確固たる決意がないとすぐに挫折しちゃいますよね。

あと、30代でのエンジニア転職をするなら、転職面接でも間違いなく理由を聞かれます。

なので、エンジニアを目指すなら、その理由、動機を必ず明確にしておきましょう。

4.「テックアカデミー受講 = すぐに稼げる」は甘い

テックアカデミー(TechAcademy)を利用する目的は人それぞれですが、スクールを利用したからといってすぐに稼げる技術が身につくわけではないですよ。

たとえば、

  • エンジニアで稼ぎたい
  • すぐにフリーランスで案件受注したい
  • 高額案件を受注したい

これら、全部キツいです。

スクール利用後も継続した学習をしないと、エンジニアになるのはもちろん、フリーランスで稼ぐのもけっこう厳しいです。

なので、甘い考えは持たず、スクール利用後も継続した学習をする気持ちでいましょう。

スクール受講直後の技術でも、単発の安案件なら獲得可能といえば可能ですが、まともに稼ぐならやはり継続学習が必要です。

テックアカデミーでPHPとRubyのどちらを学ぶべきか?:どちらでもいい!

これ、Web学習のあるあるですよね。

正直、人により考え方はバラバラですが、現役エンジニアかつTechAcademy(テックアカデミー)元受講生の自分としての考えは以下です。

「正直どちらでもいい」

というのも、

  • どちらでも就職は可能だから
  • プログラミング言語はどのみち複数やることになることが多いから
  • どちらか片方やれば、もう片方の学習がスムーズにいくから

こんな感じで、どっちを選んでも就職は可能なので、正直ここに悩むのはもったいないですよ。

悩むくらいならとりあえず無料体験に申し込むなりして行動したほうが早いかと。
>>無料体験の申し込みはこちらから。

まとめ:Web系エンジニアを目指すならテックアカデミーでPHPを学ぶべき

ということで、これまでTechAcademy(テックアカデミー)でPHPを学習したら就職できるのかについて解説してきました。

まとめると以下となります。

  • テックアカデミーでPHPを学んで就職は可能であること
  • PHP言語は人気だし開発案件も多いこと
  • プロのメンターさんに質問しながらポートフォリオ作れるのでテックアカデミーは学習も実績も残しやすいこと

こんな感じで、PHPの展望は明るいし、TechAcademy(テックアカデミー)を利用することで就職という道はぐっと近くなります。

なので、悩むくらいなら即行動しましょう。

\Try Now/