【ウォーターサーバ】メリット、デメリットから導き出す最適解はこれ!

Random note

・テレワークにより水分不足を実感しているので、ウォーターサーバを購入したい

・ウォーターサーバに興味があるが、高いし使えないのでは?

今回はこんな悩みを解決していきます。

これを書いたのはこんな人美容と健康を目的に、毎日最低1リットルは必ず水を飲んでいます。また、嫁の実家に行った際は、ウォーターサーバの水をがぶがぶ飲んでます。

この記事を読むメリット従来のウォーターサーバのメリット、デメリットを説明したうえで、そのデメリットがない、最良のウォーターサーバがわかります。

【ウォーターサーバ】メリット、デメリットから導き出す最適解はこれ!

結論を先にいうと、市販のペットボトルが使えるウォーターサーバが一番です。商品としてはこちらとなります。

使い方が簡単だから

下記の動画の通り、市販の2リットルペットボトルに専用のキャップをつけ、サーバにセットするだけです。

30秒で終わりますのでぜひ

従来のウォーターサーバより格安だから

通常、ウォーターサーバというと、サーバ代と水代が別々にかかり、両方を足すと2000~3000円近くになることが一般的です。
その分、今回紹介したウォーターサーバは、サーバのレンタル料が月額980円となり、リーズナブルすぎます。

水の量を調整できるから

従来のウォーターサーバは、送られてくる水の量は、7~18リットルと幅がありますが、業者から決められた期間で、決められた量の水がどんどん送られてきます。

これはいってしまえば、

水のノルマがあり、無駄が生じる恐れがあります。

なので、水を飲まないと、どんどんボトルが溜まってしまいます。

私の嫁の実家でも、両親がコンサル業であり、自宅不在であることが多かったため、18リットルのボトルがどんどん溜まっていってしまいました。

その分、今回紹介したウォーターサーバは、市販の2リットルペットボトルを使うので、水分調整が楽にできます。飲むときはペットボトルを買う、飲まないときは買わない。これだけなので。

即ち、自分のペースで利用できるのが大きいです。

好きな水を選べるから

従来のウォーターサーバは、業者から決められた水が送られてきます。それはそれでおいしいので問題はないのですが、今回紹介したウォーターサーバは、市販の2リットルペットボトルを使うので、自分の好きな水をチョイスすることが可能です。

即ち、自分の好きな水をチョイスできるため、

  • BBQの余りなどのペットボトル
  • スーパーの無料の水
  • 浄水器を通した水

ライフスタイルに合わせ、このような水も使えます。

水の取り換えが楽だから

従来のウォーターサーバは、7~18リットルと量に幅がありますが、水がとにかく重いため、取り換えが大変。

代替のサーバは、サーバ上部に水をセットするため、自分の腕の高さあたりまで水をもちあげる必要があるため、量にかかわらずシンドイです。自分も嫁の実家のサーバの水を交換する際、重いし落とさないように気を付けてセットしました(仮に落としたら、大洪水となりますので汗)

その分、今回紹介したウォーターサーバは、セットするのは市販の2リットルペットボトルなため、従来品に比べ、取り外しが楽すぎます。

とはいえ、こんな方は従来品でも問題なし

ここまで、今回紹介したウォーターサーバが、従来品にくらべて如何にいいかをご紹介しましたが、こんな方はきっと月々の水のノルマを達成できるので、従来品でよいかと。

家族全員が水をよくのむ買い方によっては、市販の水を毎回買うよりリーズナブルな可能性があります。

最後に

と、いうことで、ウォーターサーバの比較を行い、一番の最適解をご紹介致しました。


まとめますと、従来品より以下の利点があります。

  • 安い
  • 量が調整できる
  • 水を選べる
  • とりつけが楽

なので、

  • テレワークにより水分不足を実感しているので、ウォーターサーバを購入したい方
  • ウォーターサーバに興味があるが、高いし使えないと考えている方

こんな方はぜひ今回紹介のサーバを使ってみてはいかがでしょうか。