仕事なくて暇な時:やることはドラクエと同じ!【LvUpと聞き込み】

WORK Working

・新人だが、配属先でずっと放置プレイ。。。何をすればいいの?

・前の開発もひと段落したが、次の案件がない。仕事が暇すぎる

・朝出社して、PCの電源を入れるだけでやることがない。とりあえず席に座っているが、なにもやることがない

今回はこの内容について解説していきます。
これを書いた自分はこんな人です学卒後、現在も組み込みエンジニアとして従事。
新卒から7年間は、客先常駐していたが、仕事がない等で自社に戻ったことは一度もなし。
今働いている会社では、勤務後最初の1か月間放置プレイだったが、自ら考え準備し、開発案件がもらえてからはすんなり業務に入ることができた経験あり。
また、最近だと、派遣さんに業務指示をしているため、仕事がなかったときの自分の経験を活かし、仕事がきれないように作業を見つけ、切れ間なく派遣さんに業務依頼できている。

仕事が暇な時にどうしたらよいか?結論を先にいうと、ドラクエをやるときと同じことをすればよいです。即ち、レベルアップと聞き込みです。以降で詳しく解説していきます。

仕事が暇な時:それとなく、やることがないかをまわりに聞いてみる

自分のチームとしては特にやることがない。こんなことってよくありますよね。開発でいうなら、やっていた開発が完了したときとかそう。次の開発案件がくるまでの谷間ですね。で、そんなときはどうするか?自分のチームでやることがないので、他チームでやることがないか、ヘルプすることがないかを聞きまわりましょう。
なぜかというと、

  • それをしないとなにも始まらないから
  • 受け身になること自体がよくないから

じぶんのチームで仕事がないのはわかりきっているので、そのままでは仕事は発生しませんよね。また、他人からなにかお願いされるまで待ち、なにもしないのも、社会人としておかしいですよね。なので、このようなときは、とにかく歩き回り、同僚になにか手伝えることがないかを聞きまわりましょう。

新人の場合、そもそもそのような状況になったら、ふつうは所属の上司やリーダーが、暇にならないように業務指示を与えてくれるはずなんですけどね。そうでないなら、それは所属の上司やリーダーの怠慢じゃないかと。

同期とか同僚つたいで、他プロジェクトをヘルプする

まず、社内で人手不足のプロジェクトがないかを把握するために、同僚に

「前のプロジェクトが完了して、今は手空きなのですが、なにか手伝えることはありますでしょうか?」

と、聞いてまわるとよいです。そして、それをやるには、同期や仲のいい人から聞くとよいです。

なぜなら、もし人手不足のプロジェクトがあることを聞き出せれば、その人づたいでそのプロジェクトの上位者にヘルプのしていいかを聞くことができるから。

別に自分でそれをしてもいいのですが、それって社内で営業をかけているみたいで、なんかやりにくくないですか?なので、同期や仲のいい人に忙しいかを聞いてみるとよいです。

普段の雑談の中で、他プロジェクト状況を把握しておくことが大事

このように、社内で仕事がないかを聞きまわることになってしまってもいいように、普段から自分以外のプロジェクト状況を知っておくとよいです。そうすることで、自分が暇になった瞬間に、別のプロジェクトを手伝うことも可能となるから。
では、どうやって他プロジェクトの状況を知るか?それは普段の雑談からです。たとえばこんな時。

  • 休憩のとき
  • じぶんのまわりでちょっとした雑談が始まったとき

このような時、たわいもない話に盛り上がるのもよいですが、さらっと「今そっちのプロジェクトどう?」とか「いま忙しい感じなの?どんな仕事してる?」と、それとなく聞いておくとよいです。そうすることで、他プロジェクトの状況を知ることができます。

失敗:優秀だが指示待ち人間なのでまわりの評価が低かった人の話

もう退職してしまった人なのですが、自分が働いている会社に、そこそこ仕事できて、わりと知識も豊富な人がいました。ただ、まわりからの評価はそれほど高くはなかったのです。なぜか?それは、その人が完全なる指示待ち人間だったから。

それはもうひどくて、自分のチームの中で、明らかに顔つきが焦っていて忙しそうでも、それを見て見ぬフリをするレベル。手伝えと言えばしぶしぶやりますが、言わないとほんとにやらない。そんな人でした。

なので、まわりも、たとえその人が優秀でも、「扱うのがめんどくさそう」と、いうことで、忙しくてもその人にヘルプは頼みませんでした。なので、その本人はずっと暇状態。こんな風にはなりたくないですよね。

それでも仕事がない場合は、”きたるべき時”に備えるべき

まわりになにか手伝えることがないか聞きまわったが、何もなかった場合、業務的には完全に手空き状態となります。そんなときにどうするか。こういうときはきたるべき時への備えをしておきましょう。例えばこういうのです。

  • 別製品の仕様理解
  • 前のプロジェクトのノウハウまとめ

このような、きたるべき時への備えをしておく理由は、

  • なんでもそうだが、準備なしでいきなり作業に入るのはきついから
  • あなたが社内で知らないノウハウや情報はたくさんあるはずだから

です。
あるとき、突然他のプロジェクトからヘルプを依頼された場合、そこで必要な仕様やノウハウを知らなかったら、下手したら「じゃあ他の人にお願いするのでいいです」ってことになってしまいますよね。なので、暇なうちに、次への備えが必要なのです。例えばこのようなこと。

  • 前のプロジェクトの残課題対応、ガイドライン化
  • 他プロジェクトの調査
  • めんどくさかった作業の自動化

備え①:前のプロジェクトの残課題対応、ガイドライン化

前のプロジェクトが忙しくて、後回しできるやつは未対応のまま、なんて作業ってけっこうありますよね。

  • 仕様書の誤記修正
  • ドキュメント作成
  • ノウハウまとめ

など。特に、ノウハウのまとめは暇なうちしかできないので、やっておくとよいかと。そうすることで、次に同じ作業が入っても慌てないし、ノウハウがまとまっていれば、他者もその作業を行うことができ、自分は別の作業をすることが可能となります。

備え②:他プロジェクトの調査

じぶんのプロジェクトの作業ばかりしていると、その世界しか知ることができないので、他プロジェクトの成果物を拝見してみるとよいです。そうすると、例えばこんな発見があったりしますので。

  • 自分らが苦労してやってたけど、他プロジェクトではすでに自動化ツールを使っていた
  • 今後導入が予想されるA機能について、他プロジェクトがすでにコード実装済であり、流用できそうだ

これらも、忙しいときはなかなか気にすることができないので、暇なうちにやっておくとよいのかなと。

備え③:めんどくさかった作業の自動化

前にやっていたプロジェクトで、作業がとてつもなくめんどくさかったり、苦労したものってありますよね。そのような作業を、可能な限り自動化しちゃいましょう。そうすることで、次のプロジェクトに入ったとき、工数面で非常に楽になりますので。

その詳細についてはこちらに詳しく書かれております。
>>異業種の方が仕事中にプログラミングする方法【初心者におすすめ】

仕事がない期間が長すぎてメンタルがツライ

仕事がなくて暇な場合、ぼーっとしたり、サボったりせず、これまで解説したような、”きたるべきへの備え”をしていても、精神的に焦ったり、落ち込んでしまうことってありますよね。なぜなら、まわりが忙しそうなのに、自分だけが仕事をしていないから。
要は、

  • まわり:コード実装、テストなどの開発業務仲
  • じぶん:今後のための勉強仲

のため、業務をしていない自分に落ち込み、メンタルがやられる可能性があります。こんなときは、同じ状況になったが這い上がった人の本をよむとよいです。
じぶんの場合は、サッカーが好きなので、サッカーの著書から元気をもらいました。内容としては、

  • 試合にでれず、ずっとベンチ→仕事でいうと、やることがない状態
  • いつ声がかかってもいいように、腐らず練習をしっかりする→仕事でいうと、暇だからと遊んだり落ち込んだりせず、次に備える

こんな感じです。
なので、たとえ業務がなくなってしまっても、きたるべきときに対応できるように、精神的に落ち込まず、しっかりと次の備えをしましょう。
今回は以上です。

人気記事プログラミングスクール多すぎ!どう選ぶの?【4つの指標で選ぼう】

人気記事【テレワークで太った!】運動不足を解消しないと!【対策あり】

人気記事 プログラミングスクール多すぎ!どう選ぶの?【4つの指標で選ぼう】

人気記事 【テレワークで太った!】運動不足を解消しないと!【対策あり】